スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[妄想]俺が羽川翼に日本人の中国に対するイメージについて聞いてみた





SO―小栗旬ファースト写真集

 俺 「なあなあ羽川、ちょっといいか。(つーか俺めっちゃイケメンwwwwなにこれwwww)」








キャラクタースリーブコレクション 化物語 「羽川翼」
 
 羽川 「どうしたの?俺くん」  







  
SO―小栗旬ファースト写真集

 俺 「最近テレビ局の韓国ゴリ押しが結構問題になってデモとか起きてんじゃん。だから俺らの韓国に対するイメージはまあまあ把握できてるんだけど、日本人の中国人に対するイメージって今までどんな感じだったっけ?と思ってさ。ほら、俺ってゆとりじゃん。いやゆとりってことを隠れ蓑にする気はないんだけどさ、ちょっと我らが日本人が持つ中国人のイメージの遍歴みたいなものを教えてくれないか?」







キャラクタースリーブコレクション 化物語 「羽川翼」
      
 羽川 「いいわよ。じゃあちょっとこのグラフを見てみて。

これは内閣府が行った「外交に関する世論調査」の中国に対する日本人の親近感の推移の調査結果なんだけど、これを見ると年々中国に対する親近感を感じる人は減って、親しみを感じない人が増えてるよね。この調査結果は年々悪化する日中関係や、中国国内で起こった事件を反映しているの。

1988年までは7割前後あった対中親近感は1980年から1989年にかけて大幅に低下してるわ。この低下率は2009年から2010年にかけてのそれに匹敵するけど、前者は天安門事件という中国国内で起こった事象が主な原因で、後者は尖閣諸島漁船追突事件という日本に直接影響を及ぼした問題が大きな要因であると推測されるの。ここに両者の相違点があるんだよ。尖閣諸島沖事件は日本と中国が直接的に関わりあった問題として、対中親近感が低下するのは想像に難くないよね。でも天安門事件の場合は日本の政治、経済や社会には尖閣諸島沖事件ほどは影響、害はなかったの。つまり、両者が同等の低下率を示していることを考えると、天安門事件が当時の日本人に心理的に与えた衝撃は想像以上であったことがわかるよね。また現在私たち日本人が中国人に対して「中国人といえば自己中心的な人が多く、列などに並ばない」などというような悪い印象を持つようになったのは、この天安門事件がきっかけなんじゃないかって私は思うの。

それから、1989年から2003年まではとりたてて数値に大きな減少はみられなかったけど、2003年から2004年にかけては10%減と大幅な低下となっているよね。これは、中国国内でSARSの感染が拡大したからだよ。当時は世界中が一時パニックなったわ。私自身もその頃、中国はSARSという病気ですごく危険な状態にあって、これは多分メディアとかデマの影響も強いと思うんだけど、中国に一歩足を踏み入れるだけでかなり危険なんだ、っていう認識があった。インターネットの普及や他メディアの成熟に伴ってデマなどが広がりやすくなって、中国に対する悪いイメージが一挙に流れ出たんじゃないかしら。

翌2005年には数値がまたもや著しく低下してるね。これはサッカーアジア杯の観客のブーイングに起因すると思うの。今年のアジアカップでも韓国人選手のサルマネ騒動やテレビ朝日の旭日旗捏造報道の問題が世間を騒がせたよね。アジア杯では、日中韓の歴史から生ずる問題が多くて、人々の間に依然として受け入れることができない心情があることを実感させられるね。スポーツと政治、および歴史問題が複雑に関わってサッカーファンはもちろん、その他の一般の国民もスポーツと歴史問題を混同するべきではないという議論を発展させたの。その結果日本国民の気持ちの高ぶりが外国に対する嫌悪感に拍車をかけて、数値を大きく下げたんだと思う。2009年には北京五輪の影響で40%近くまで数値が増加したけど、翌年2010年に尖閣諸島沖漁船追突事件により20パーセント近く減少してる。この事件はさっきも言った通り日本が中国に突然直接的に実害をうけた事件として数値が下がるのは当然の結果だよね。でも日本政府がこの件に対しより強硬な態度でしかるべき対処をすれば、数値はもっと低下していたかもしれないの。この事件ではね、国民の間で中国に対する反感というよりは、むしろ民主党政権に対する不信感の方が強く残ったんだよ。つまり不信感が分散してしまったの。結果的に、中国の属国になるという危機感とか、政府に対する不安が国民の心に重くのしかかるようになったんだよ。

これで大体の私たち日本人の中国という国に対するイメージの遍歴がわかったと思うんだけど、どうかな?俺くん。」






SO―小栗旬ファースト写真集

 俺 「ありがとう。すごく分かりやすかったよ。しかしやっぱりあれだなー。羽川はほんと何でも知ってるよな。」







キャラクタースリーブコレクション 化物語 「羽川翼」

 
羽川 「何でもは知らないわよ。知ってることだけ(キリッ)














































なんだこれ 




         

 
スポンサーサイト

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

Author:流離いのぺてん師
コメント、TB、相互リンク大歓迎!!!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター フォローミープリーズ
リンク
ブロとも一覧

東雲研究所

いおりんご☆ioringoStarr

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
好きなポッドキャスト
by PODCAST-BP
フリーエリア
おすすめ
ガールフレンド (P‐Vine BOOKs)
探偵小説は「セカイ」と遭遇した
ユリイカ2004年9月臨時増刊号 総特集=西尾維新
トラウマ映画館
林檎コンプレックス―椎名林檎的解体新書
TAMAFLE BOOK 『ザ・シネマハスラー』
【予約特典付き限定商品】 AKB48 秋元才加・宮澤佐江のうっかりチャンネル バレンタイン創刊号 モバコン(ワンセグ携帯端末対応コンテンツ入りmicroSDカード) CTVR-308075
ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]
クイック・ジャパン (Vol.42)
RINGO FILE 1998‐2008
ユリイカ2011年11月号 特集=やくしまるえつこ
SR サイタマノラッパー [DVD]
文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)
癒しのチャペル (ちくま文庫)
東京ポッド許可局 ~文系芸人が行間を、裏を、未来を読む~
辛酸なめ子の現代社会学
hon-nin列伝 セキララなオンナたち (本人本)
ぼっちーズ
ミステリーの書き方
ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008
リスアニ!Vol.08 (SONY MAGAZINES ANNEX 第 544号)
SWITCH Vol.30 No.2(2012年2月号) 特集:ソーシャルカルチャー ネ申コラボ1oo
指原莉乃 AKB48 2012TOKYOデートカレンダー 指原莉乃 AKB-003 (お買上げの方にもれなく定価1575円の2011年大島優子の卓上カレンダーをプレゼント!)
AKB48 5400sec.microSD VOL.15:指原莉乃
まちがう
検索フォーム
適当に穏やかな歌を選んでみました。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。