スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指原いいともレギュラー決定だと!?

指原が水曜いいとものレギュラーになるっぽい!!!!→AKBまとめんばー

うぎゃーーーーー!!!すげえええええええええ!!


指原おめでとう!!


嬉しすぎる!見れないけど!

てか最近このブログ指原のこと書きすぎではなかろうか。

今日のANNは菊地あやか、佐藤亜美奈、中塚智美の三人がパーソナリティだ。


ということで大家のブログ、
地域の話しましょについて。

私の地元では「どちらにしようかな裏の神様の言うとおり たいこを叩いてどんとこどん もひとつ叩いてどんどこどん」であった。

やはり「天の神様」ではなく「の神様」というところがポイント。あと柿の種は色んな地域で言われてるみたいだが初耳だった。



そして、さっきまでこれ見てて爆笑しました→横山を画像にさりげなく忍ばせてみないか



なにはともあれ指原よくやったね!


それだけである。
スポンサーサイト

テーマ : AKB48(秋葉原48)
ジャンル : アイドル・芸能

I LOVE 指原 2


AKB48の指原莉乃の冠番組「さしこのくせに」が終了した。

この番組を見だした当初私は既に指原のファン(熱心なファンからすればにわかと認定されるだろうが指原が好きな気持ちに一点の曇りなし)であったから実に楽しめたのだけれど、特にAKB48に興味がない人たちも同番組がきっかけで指原が好きになった人も多い(実際指原ブログでそのようなコメントが沢山ある)。それってすごいことだよ。AKB48としてではなく一人のタレントとして評価されているってことだから。終始グダグダで何が面白いのか問われれば直截的に答えることはできないが、指原の持つ魅力がいかんなく発揮されていた番組だったと思う。何もやる気が起きないときに「さしこのくせに」を見て「こんな普通の女子が頑張ってるのに俺は何やってんDA!」と奮いたたせられることもあったし、一つのバラエティ番組として見て大笑いすることもあった。そんな番組が終わってしまうのはすごく悲しい。


指原今まで本当にありがとう。

つっちーも指原の良さを引き出していた。つっちーありがとう。あとスタッフさんありがとう楽しかったです(一体何故俺はこんな所で謝辞を述べているのだ・・・)
番組の終わり方は少し指原がかわいそうだったと思わなくもないけど。


指原にとってもこの番組はかけがえのない宝物のであったのだろう。最終回で「番組への愛が足りない」といじられ泣いてしまう指原が好きである。自分が本気で大事にしている好きなものに対する愛情を、たとえそれがおふざけであっても否定されて泣いてしまう指原が好きである。

↓最終回を惜しみつつも前に進もうというという憂いが表れているさしこの表情が素敵だ。

指原莉乃オフィシャルブログ「指原クオリティー」by Ameba-2011090216210000.jpg指原ブログみなさん」より


てかかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!いや、表情まじで切ないぞ・・・この顔忘れられん。
泣きながら頑張って微笑んでる。





まさか本当に終わってしまうとはな。好きなテレビ番組の最終回が終わった後のぽっかり穴が開いたような気分、すごく久しぶりだ。







でも新しくNot Yetの番組が始まるみたいね。

TV LIFE(番組表)より



2011年 10月9日(日)
TBS 24:50~25:20
ヨンパラNot yetの同時多発バトル

Not Yetのメンバー4人がドエス司令官の劇団ひとりから
課せられるさまざまなゲームでバトルを繰り広げるパラエティ。
「skype」の中継カメラを駆使して、大島優子らメンバーは
それぞれ別の中継地点から ゲームに参加する。



とりあえずは一安心だ。


あと、MUSIC JAPAN出演決定らすぃね!→
Not Yet公式サイト

新曲くるか!?新曲なのか!?ノイエの曲好きだぜ。


そしてそしてブログ「
大家とあの場所へ」について

またもやさんま御殿か!?さしこやるね!4回目とか。「さしこのくせに」でかなりいい経験積んだな。冠番組がなくなったとしてもさしこのテレビ出演に関しては心配いらないね!うんうん



「さしこのくせに」が終わったことが残念なことに変わりはないけどね。




指原お疲れ様。そしてありがとう。これからも応援している。

テーマ : AKB48(秋葉原48)
ジャンル : アイドル・芸能

ジョギングのすすめ

ちょっと前から世間ではジョギングブームというものものがある。

何が発端でジョグが流行りだしたのかはわからないが、私も半年ほど前からそのムーブメントに乗っかってみた。


最初は「こんなのリア充の人がやることだろ」と思ってやる気が出なかったのだが、同じ寮の友人が毎日夜走りに行く姿を見るうちに「そんなにいいものなのか?試しに軽く俺もやってみるか。」という心境だった。



実際走ってみると想像以上に清々しい気持ちになれることを知った。

但し夜に限る。朝から走る人がいるが、疲れないのか?その日一日を少しでも疲れた状態からスタートさせようとは私は思わない。もう一つ、夜走るメリットは朝よりは涼しいということ。もう一つあるのだがそれは後で。デメリットは色んな意味で危険ということだな。



私は①体を動かしたい時、②現実逃避したい時にジョギングするが、体を動かしたい時はあまりない。私はインドア派だからね。

だから②の時に走るのがほとんどだが、現実逃避と言ってもネガティブなものではない。ジョギングをして得られる効用は「目の前の現実から離脱し、気持ちをリセットできる」ことが大半を占める。気持ちの切り替えは一時的なものではなく、仕事や勉強が行き詰った時に走りに行った後には思いもよらないほど作業がはかどることが多い。走っているうちにいいアイディアを思いつくこともあるし(俺はないけどw)

現実からの「逃亡」にはやはり夜が似合う。これが3つ目の夜に走るメリット。


でも総合的に見て走る時間帯で一番良いのは夕方だと思うけどね。



私がどういう格好で走っているのかというと、普通にTシャツと短パン。オシャレで実用的なウェアも欲しいとは思うのだけれどなんせ高価だし、走り方が成ってないと恥ずかしい。靴は2000‐3000円のランニングシューズ。

私が一番こだわったのは、イヤホン。言うまでもなく走りながら音楽を聞きくためだが、こだわったと言っても価格的にはかなり安い部類のものを使っている。

小生が使っているのはこれ↓

 
ケツの穴とは大違いで耳の穴がどでかい私は重宝している。走っている途中耳から外れるということはまずない。音質も値段の割には悪くない。コスパが高い商品だ。



しかし音楽を聴きながら走ることでこれほどまでの快感を得られるなんて知らなかった。

色んな音楽を聴きながらジョグっているが、一番合うのは4つ打ちだろう。
心を無にしてひたすら走すことに集中したい時は良いんだけど、最近は専らアイドルソングを聴いてる。


最近聞いてるのはスマイレージの「有頂天LOVE」だ(曲単位かよ!)。



これ聞きながら走ってると凄まじくワクワクする。そしてこれ聞くと走りたくなってくる。どうだ、君も走りたくなってきただろう。

BPMも丁度いい感じ。少し早めだから疲れてきたときに再生されると体が勝手に動き始めるから辛いよ。確実に心身にとってプラスの辛さだけどね。


カップリングの「チュッ!夏パ~ティ」のカバーも原曲より好きだよ。



あとアフィリア・サーガ・イーストのアルバム『whitism』を聞いてる。






このアルバムを聴きながら中学校の前とか走っているとね、懐古厨の私なんかは時空を駆けぬけているような気分になれるのだ。あの頃に戻りたいよ。甘酸っぱい初恋とか運動会とか文化祭とかが何故か思いだされるんだよ。そんな過去に浸ってるばやいじゃないんだけどね。振りほどこうとしてさらに走ることになるよ。



「恋をゲームにしないで!」が俗に言うヘビロテだね。








平日の夜走る時はNot Yetの「週末Not Yet」。これに限る。これほど週末を楽しみに平日の嫌なことを頑張ろうと思える曲はないね。でも嫌なことから逃げるために走ってるんだけどね。

ちなみにNot Yetはカップリング曲が秀逸だな。




↑これ聴きながら中学校の周り走っているよ。ランニングには適さないだろって?うんそうだね。でも過去のことを思い出しながら走るには現時点では最高のスパイスだ。
この曲は週末Not Yetカップリング2曲目の「ひらひら」という曲。










4つ打ちは黙々と走るのには適してるけど、現実からの「逃亡」とかワクワク感を伴なった走りには適していない。



もう最近はオシャレで高そうなウェアを着て変なグラサンかけてすましてハウス聴きながら無表情で走ってる奴らを追い抜いてやりたいと思ってきたよ。

アイドルソングを聴いて、泣きながら、ニヤニヤしながら、ヒヤヒヤしながら、踊りながら、怒りながら、無感情な奴らの横を颯爽と駆け抜けたい!





うん。





ちなみに私の友人はラジオききながら走っているそう。
走る気力とモチベーションの大部分を音楽のリズムに頼っている私からすれば離れ業だ。

音楽と走ることは一体に成り得ると思うけど、走ることと人が喋ってるのを聴くことが上手くかみ合わなさそうでやろうと思わないのだよな。



今度一回試してみよう。



あ、そういえばこないだ当選したマルボロ×ジャーナルスタンダードのボディバックが家に届いていた。このキャンペーンは9月17日で終了したようだ。
                           DSC_0243_convert_20110919150201.jpg 
このかばん背負って秋の長い夜を駆け抜けるぜ!




とまあチラ裏なことを書きましたが、何が言いたいかと言うと、

ジョギングはいいですぞ!ということが言いたかったのです。

 







テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

トイレが寒い季節なんて嫌いだ。

昨日はツタヤで前から捜していたINUの「メシ喰うな!」がやっとレンタル出来た。作家、町田康が好きな人、日本のパンクが好きな人、アングラカルチャーが好きな人にはオススメだ。前ラジオ版学問のススメ(ポッドキャストもあるよ)に出演していた町田康さん、猫が好きだそうで、意外と可愛い一面もあるのだな。




  






さて、ここ二日くらい、ものすごく寒くなったような気がする。

私は季節の変わり目が大好きなのだが、今年の2月に胃腸風邪(ノロウィルス)になって以来「冬」という季節に対しトラウマのようなものを抱いている。一人暮らしで風邪をひくというだけでそれはもう相当の試練なのに、一人でゲロの始末をしなければならないという二重の苦難は二度とあんな経験はしたくない、と思うほどチャレンジングであった。

安静に寝ているのに、吐き気に起こされてそのままベッドで嘔吐してしまう。のどが尋常じゃないほど渇くから水を飲む、でもすぐ嘔吐する。そしてまた喉が渇く。腹が減っても迂闊に腸に食べ物を入れることはできない。病院に行って点滴を打ってもらってなんとか楽になったものの、その後3日くらいは体がだるいままであった。

胃腸風邪でのどか渇いたときは、氷を舐めるのがいいらしい。

みなさんも用心しよう。手洗い、うがい、マスク。


そう、マスクだ。私にとって、マスクは必需品。特に冬は。

ただ単にウイルスから身を守るだけではない。もう一つ重要な役割がマスクにはある。私はほとんどその理由のために
マスクをすると言っても過言ではない。

その理由とは何か。












ニキビを隠すため





乾燥肌の私は、冬になると肌が乾燥し、荒れ、ニキビがものすごく多くなる。ニキビだけではない。どれだけ顔を丁寧に、何回も洗っても、肌が汚くなるのだ。これはもう抗いようのない事実だ。

だから私は顔の半分を隠すマスクをする。異性はブサイクな人が好みという人や、俗に言うブサイクフェチ(聞いたことないが(笑))の人は存在するだろうが、ニキビ面の人間が好き、ニキビ顔フェチ、ニキビ面の人と友達と友達になりたいと思っている人の存在など聞いたことがない。そんな人、居る筈がないのだ。居たら会ってみたい。

兎に角ニキビというのは不潔だ。夏はまだマシなほうだが、冬の肌の炎症は治ったと思ったとたん始まる。私にはもう隠す方が手っ取り早いのだ。冬は嫌いだ。

冬が嫌いな理由は健康の問題や肌荒れの季節(女子みたいだ)ともう一つ、兎に角私は「寒い」のが嫌いなのだ。「暑い」の方が100倍マシだ。

私の友人などは、決まってこう言う。

「寒いときは着込めばなんとかなるけど、暑いときって服を脱いでいって最終的に裸になった状態でもまだ暑かったら終わりじゃん」


そういう問題じゃないのだよ。「暑い」という感覚は健康的なものだ。汗をかくのは良いことだ。運動したときに感じる「暑さ」。それはほとんどが体にとって良いことをした結果に生ずる。

だが「寒さ」は身体、心にとって良いことなど一つもない。風邪を引いたとき、変なものを見たり聞いたりしてゾッとしたとき。「寒さ」は人間という生物にとって有害なものなのだ。「敵」だ。「暑さ」は我々の見方だ。

さらに、いくら着込んでも顔だけは寒い。ニット帽を被ろうとも、目、鼻、口は強盗や泥棒でも行うという場合を除き、隠すことなどできない。私にとってやはり肌荒れは限りなく不可避的なものだ。冬は嫌いだ。



だが、自称非リアな私であるが、意外にもクリスマスは嫌いではない。街中に跳梁跋扈するアベック(言い方古っ)達を見ると反吐がでるが、「今日は一日中家に引きこもって楽しむ。」という大義名分がありすべての現実から解放されたような気がするのだ。浮かれているだけかもしれないが、思い切り好きなことをするようにしている。温かいコンビニのおでんを食べるのもいいし、好きな映画を見るのもいいし、インターネットの某巨大掲示板やSNSで自分と同じような、「クリスマスの最高の楽しみ方」を自作自演している人と些細なコミュニケーションを取るのもまた面白い。

普段テレビはほとんど見ないが、クリスマスに限ってはテレビの特番を見るのが好きだ。「明石家サンタ」は、一年を振り返りながら見るには最高の番組だ。自分より不幸な人が何人もいるのだな、という現実、さらにそれ笑い飛ばすさんまは、来年からも頑張ろう、という気持ちにさせてくれる。本当に大好きな番組だ。


もちろん正月も好きだ。寝正月。




大嫌いな冬だが、時間の流れには逆らえない。とりあえずクリスマスを楽しみに日々を精一杯生きるしかなさそうだ(まだまだだけど)。







テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

六百六十円の事情

さっき1000円カットに行ってきました。1000円10分で髪を切ってくれる店です。


えーっと、ドキドキしながら行ったのですが(変な髪型になるんじゃないかと)、結論から言うと、いつも行っている4000円くらいの美容室より、全然良かったです。


結構切ったのに髪型がそこまでキモくなってないっていう意味でね。もちろんシャンプーとかはしてくれません。





で、その帰りの話です。



髪の毛を切り終わり、スーパーで買い物をした後の、そのスーパーの外にある喫煙場所での出来事である。その喫煙所は店の外から階段で少し低い位置に降りたところにあり、コミュニティスペースのようになっている。周りは木や花で囲まれており、夜になると、周りの花屋や、フォトスタジオの店の灯りで(様々な店が密集している)少し、ほんの少しだけロマンチックな雰囲気が漂っている。



私は帰路に着く前に煙草でも吸っていこうと思い、その喫煙所に立ち寄った。マルボロに火を着け、灰皿まで近づいていくと、灰皿を取り囲むように配置されているベンチに一人の女性が座り携帯電話を片手に誰かと話している。灰皿まで辿りついた私は「それじゃ、また後でね。」と言い終わり電話を切った女性をチラリと盗み見た。この時点すでに私はその女性に興味を抱いていたかもしれない。


服装はスーツ姿。年齢は恐らく20代後半か。少しぽっちゃりしている。というか、ムチムチしている。体が大きい。メガネを掛けていたような気がする。髪型は恐らくポニーテール。顔は暗くてよくわからない。だがこれらはすぐ後に私が気づくことになることに比べれば実に瑣末なことであった。


何より私の目を引いたのはその女性は片手に缶ビールを持っていたのである。私が煙草を吸い終わるまでに2、3口飲んでいた。そこで私は急にこの女性に興味が湧いた。何故、こんな時間に、一人で、こんなベンチに座って、ビールを呷っているのか。特に傷心している様子は見受けられない。


さっきまで電話してたのは彼氏かな、とか思っていたのだが、どうもそうではなさそうだ。確証は持てないが。でもその姿を見た私はなんとなくその人には彼氏なんかいないような気がした。



その場には私とその人2人しかいない。店も閉店の時間が近づき、辺りもかなり静かである。声をかけるのか、俺。どうなんだ。どうする。


























声なんかかけるわけないだろーが!そんな勇気ねーよ!ばーか!そのままたばこ吸い終わって家帰りました。そんで飯食ってライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル聞きながらこんな気持ち悪いブログを書いてんだよ!












今の俺はまさにこんな気持ち。



フジファブリック 若者のすべて















R.I.P 志村正彦氏



















あああああ明日試験なのにー何も勉強してねーーーー!!!


全力で走るぜ!!!!!!













おやすみーーーーーーーーーーーー!






ぼっちーズ

新品価格
¥1,470から
(2011/7/24 00:10時点)


テーマ : 大学生日記
ジャンル : 日記

プロフィール

流離いのぺてん師

Author:流離いのぺてん師
コメント、TB、相互リンク大歓迎!!!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター フォローミープリーズ
リンク
ブロとも一覧

東雲研究所

いおりんご☆ioringoStarr

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
好きなポッドキャスト
by PODCAST-BP
フリーエリア
おすすめ
ガールフレンド (P‐Vine BOOKs)
探偵小説は「セカイ」と遭遇した
ユリイカ2004年9月臨時増刊号 総特集=西尾維新
トラウマ映画館
林檎コンプレックス―椎名林檎的解体新書
TAMAFLE BOOK 『ザ・シネマハスラー』
【予約特典付き限定商品】 AKB48 秋元才加・宮澤佐江のうっかりチャンネル バレンタイン創刊号 モバコン(ワンセグ携帯端末対応コンテンツ入りmicroSDカード) CTVR-308075
ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]
クイック・ジャパン (Vol.42)
RINGO FILE 1998‐2008
ユリイカ2011年11月号 特集=やくしまるえつこ
SR サイタマノラッパー [DVD]
文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)
癒しのチャペル (ちくま文庫)
東京ポッド許可局 ~文系芸人が行間を、裏を、未来を読む~
辛酸なめ子の現代社会学
hon-nin列伝 セキララなオンナたち (本人本)
ぼっちーズ
ミステリーの書き方
ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008
リスアニ!Vol.08 (SONY MAGAZINES ANNEX 第 544号)
SWITCH Vol.30 No.2(2012年2月号) 特集:ソーシャルカルチャー ネ申コラボ1oo
指原莉乃 AKB48 2012TOKYOデートカレンダー 指原莉乃 AKB-003 (お買上げの方にもれなく定価1575円の2011年大島優子の卓上カレンダーをプレゼント!)
AKB48 5400sec.microSD VOL.15:指原莉乃
まちがう
検索フォーム
適当に穏やかな歌を選んでみました。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。