スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新興宗教オモイデ教』を読みました

オーケンこと大槻ケンヂの『新興宗教オモイデ教』を読んだので感想を書く。

この小説はミュージシャンである大槻ケンヂが1993年に上梓した代物だ。オーケンと言えば筋肉少女帯のフロントマンとして名を馳せた一流ミュージシャンであり、現在テレビ出演は少なくなってきたものの、ひと昔前はテレビでも露出していたイメージがある。ミュージシャンとしても有名だが、作家としてもそれなりの、いや、素晴らしい評価を受けており、いとうせいこうや、ピース又吉と引けを取らないマルチタレントを発揮し、芸能人かつ小説家としてはかなりのプロップスを誇る。

とは言いつつ俺がこのオーケンの本を読んだのはこれが初めてである。代表作の『グミ・チョコレート・パイン』は積ん読であり、10年選手であるため大分下の方にある。ジェンガのごとく上手いこと引き抜かないと雪崩が起きて足がもげてしまう、それくらい長いこと未読まま放置してあったのだが。

『新興宗教オモイデ教』はいわゆるジャケ買いだ。古式ゆかしい美しい女性像、恐らく作中に登場するヒロインなのだろうが。


23年経っているが、全然今読んでも楽しめた。ラノベ感覚で読んでも楽しいかもしれない。何しろ新興宗教を扱った作品だ。キャラクターの個性とインパクトがハンパではない。ストーリーもラノベ以上純文学未満であり、ページをめくる指が止まらんぞ!

日々の生活と俗世間、周りの人間に対して不満に対して不満を抱き続けている主人公が、他のクラスメイトとは違う雰囲気を醸し出す女子に恋をする。彼女はパッとしない学校の先生と不倫をしていたという噂があり、その先生とは破局し、それを機に新興宗教に入信し、精を出し、身を入れ込んでいくのだが。

小説だし、物語だし、新興宗教を題材にしてるし、作中にも超能力めいたものが普通に起こるし、対立する教祖とバトルするし、一見荒唐無稽な展開が繰り広げられているように思えるが、実際、現実にもよく似たようなことが起こっていると思う。

先生と不倫して、うまくいかなくて学校来れなくなって宗教に入るなんてザラにある。思春期の多感な時期だからこそ、もろに影響を受けるだろうし、すがったら楽になるし。どんな怪しいもんでも、事実思い込みによって救われるのだから、周りがいくら騒ごうが信じきっている人には声は届かないだろう。本作では主人公が新興宗教に関わっていくこと並びにヒロインが入信したことについて、そのこと自体を悪く言う人間はほとんど出てこない。現世に何の不満もない人にとって、もしくはすがりたいものがない人にとって、新興宗教の話って超面白いのだ。

この小説で焦点が当てられているオモイデ教では「メグマ」という超能力を使って人間を植物人間にしたり、殺したりできる。対立する教団の教祖と直接対決しこのメグマによって廃人に追い込んだりした時は「バトルものなのか、これは?」とも思い、読みすすめていくと、主人公が片腕として使われている人物に深い業を与えた人物(異なる教団に所属)とのバトルになった。これは事実上のラスボス戦であり、主人公が類稀なる宗教的才能を発揮したバトルでもあった。ラストでは教祖との直接対面のバトルになるが、これはもう勝負というより退廃的な教祖の態度とそれまでのカリスマ性を有した教祖像とのイメージの乖離が素晴らしく、主人公と読者は「もうこれはバトルどころではないな、こんなやつが教祖であり、ヒロインを首ったけにしたやつだったなんて」という思いでいっぱいである。ヒロインは教祖に惚れ込んでおり、教団の勢いが落ち込んでみすぼらしい見てくれになっても尚偏愛を捧げているのである。

ラストの対面、対話のシーンは本当に心が揺さぶられた。「あの女をちょっとした色情性にしてやったんだよ。(中略)お願いですもっとしてくださいトー様と泣きながら哀願するんだ。口汚くののしってやると、ヒーヒー言いながら歓喜の喘ぎ声を上げ、そして頂点へ向かっていつまでも腰を振るんだ、そういうケダモノにしてやったんだよ。」
と教祖であるトーが言うのだが、ここが一番この本を読んでいて耐えられなかった。
実は俺も昔友達が新興宗教にはまっていて、勧誘された経験がある。奴は心酔しきっており、言い方は悪いがはっきり言って「洗脳」されていた。俺は奴が言っていることは特に間違っているとは思わなかったし、絶対に正しいとも思わなかった。ただ、「こいつは何を言ってるんだ?」と思うことが多々あり、それは無宗教の俺にとって、理論や理屈がわからないというより、もっと感覚的な部分で腹に落ちなかったんだと思う。トー様がこの小説でヒロインに対して思っていることを、奴が信じている教団の誰かが、少しでも思っていたらと考えると本当に怖い。そして、なんつーか少なからずそういう思惑が蠢いてる状況って実際問題ありそうで怖い。

新興宗教に入信する人は、「家族に不幸があった」又は「家族or自分が重い病気になった」というケースがほとんどだと思う。その子供は2世として半ば強制的に入信させられることになる。この小説ではヒロインが教師と不倫をしてしまったことから宗教に関わりを持つことになるが、主人公は社会や人間関係に対する漠然とした不安と憤りを機に、ヒロインに惹かれて宗教と関わりを持つようになったが、この主人公のようなケースはあまりいないだろう。2世以外ではもっと重大な大きな出来事がなければ新興宗教なんてものには見向きもしないはずだからだ。
何かに救われたい一心で入信した教団のトップがトーのようなことを言ったら一気に地獄に叩き落とされるだろう。まあでも熱心な信仰をしている人はまた違う教団に入信にして勝手に救われるだろうが。あと、俺は別に全ての新興宗教が悪い団体だとは思っていないことはここに記しておく。

文庫版の最後に永井豪による漫画があるのだが、この小説は漫画、もしくは映画にしたら非常に面白そうだ。あとがきではオーケンのインディーロックシーンについて思いを馳せている。スターリンの遠藤ミチロウ、財団法人じゃがたら、あぶらだこ、町田町蔵について等。新教宗教が醸し出す危なっかしさみたいなモノとアングラなインディーロックは確かに何か親和性がある気がならない。

人間椅子とか好きならこれを読んで文学とアンダーグラウンドカルチャーの旅へ旅立とう!






スポンサーサイト

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

秋★枝の『恋愛視角化現象』を読みました。

久しぶりに漫画を読んだ。

恋愛マスターである秋★枝の「恋愛視角化現象」(れんあいしかくかフェノメノン)だ。







20✖️✖️年、人類は、恋をすると、頭にツノが生えてくるというようになった。いや、トンデモ設定ではなく、恋をするよツノが生えるようになった、という点以外はいたって普通の高校生の恋愛風景が描かれている。短編集である。恋をするとツノが生えてくるということは、その人の頭を見れば、「こいつは今恋愛してるんだな」とか「好きな人がいるんだな」とかが一目瞭然でわかってしまうということだ。ただし、誰に恋心を抱いているかは、わからない。最初はこの世界観が嫌で、「もっと普通の日常系の漫画を読みたい」とか思ってしまったのだが、読み進めるうちにそんな気持ちはどこ吹く風で時に泣きそうになったり、時にニヤニヤしたりして、読み終わった直後には「そうなんだよ。俺はこういうラブコメが好きなんだよ。ありがとう。秋★枝さん」と叫んでしまった(叫んだのは嘘)。

秋★枝は恋愛マスターなので、このラブコメ要素を十二分に内包しているこの設定を過不足なく活用し、最高のストーリーを紡ぎあげている。恋愛マスター秋★枝さん最高。秋★枝さん愛してる。


俺が最初にこの恋愛マスターの漫画を読んだのは煩悩寺だった。





これを読んでた時にも、「そうなんだよ、俺が読みたかったラブコメはこれなんだよ」と柏手を打ってしまった。こちらは大人の恋を題材にしてるので、「高校生の恋愛なんか興味ないぜ」という人はこちらを読むのをオススメしやす。「こういう恋愛して、結婚できたらいいな」と思う。『喰う寝るふたり 住むふたり』が好きな人は絶対『煩悩寺』を読んだ方がいい。『喰う寝る〜』よりも『煩悩寺』は多幸感を感じさせてくれる。桃源郷へ誘ってくれる。

この本で描かれていることって、恋愛していることが可視化されていること以外、すっげえありそうな話ばっかりで、そのリアリティが読者の昔の楽しかった思い出を想起させる。俺も少し前に大恋愛をして大失恋をしてしまい、学生時代は彼女とかいたことなくて、恋愛なんてしたことなかった。でも経験してみてからこういう漫画を読むと受け取り方が全然違う。そしてこの漫画はそこまで辛い話はないし、ビターな気持ちになるけど、それぞれの読後感は心地いい。

上巻では、学生が主の物語が収録されており、下巻では、学生の話もありながら、社会人と仕事に焦点が当てられたストーリーも収録されている。

上巻では男子に告白された彼女。付き合っているのにツノが生えてこない=「本当に私って彼のこと好きなのかな?」というストーリーがあったり、三角、四角関係があったり、と王道ラブコメはしっかり押さえ、思春期特有の甘酸っぱさをこれでもかと感じさせてくれる。文化祭が近づいてきて、男女混合のグループが出来て、一緒に準備をするなんてもうそれだけで追体験できて感謝なのにそこからドラマが生まれる。でも現実の方がもっとシビアだけど後から振り返ると面白くて良い経験になるから学生諸君は思う存分恋して、好きなだけ悩めばいいと思う。

角が生えているけど思い人は自分の親友と付き合っていて、親友の恋路が危うくなると、心のどこかで「私少し嬉しがってるんじゃないの?最低じゃん」と葛藤する女子の話がある。その女子はいつも迷いがあると公園に行っているが、そこにいつも居る小6男子に告白される。という話が情景の美しさは最高だ。二人の掛け合いが素敵すぎて死にたくなったわ。小六男子の気持ち痛いほど共感できる。

しかし俺は実は懐古主義から解脱してリアリストになりつつある。将来のことを考えないといけない年齢にもなっている。リアリストになりきれてない分今は恋人との関係で悩むことがたくさんあって苦しいが、そんな悩みからも解放させてくれる、それがこの『恋愛視角化現象』だ。

そんな俺はどちらかというと大人の恋が描かれている下巻の方が好きかな。ジジィに恋をしていることがわかった理系女子、天職に携わる(仕事に恋をしている)大人の話。いろんな色恋事情があるわな。ここに描かれているのは恋愛するとツノが生えるっていう一見荒唐無稽な現象だが、実際にはこの漫画よりもっと訳のわからない恋愛事情がこの世界には跋扈していると思う。

ともかく、この漫画は只今絶賛恋愛中の人、昔の恋人を思い出したい既婚者、失恋中の人、恋愛に全く興味がない人、恋人が本当は欲しいのに、全くそんな素振りを外部の人間に見せていない人、あと、全学生が呼ぶべき漫画だ。超おすすめラブコメである!

秋★枝さんの本もっと読むぞ!煩悩寺も本当オススメ。











テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『真夜中の果実』を読みました。

久しぶりすぎる更新である。

前回のエントリーから幾星霜を経て、今や私は大学生ではない。社会人である。サラリーマンである。そのうちにブログのタイトルを変える。






加藤千恵の『真夜中の果実』幻冬舎文庫を読みました。


加藤千恵、通称「カトチエ」、北海道出身の歌人、小説家。

この人の本を読んだのはこれが初めて。

恋愛にまつわるショートストーリーが37個収録されており、1話が4ページ、1話の最後にそのストーリーについての短歌が1ページにドーンと載っている。読み始めは1話、短か!!と思ったけど、読みやすい文だし、OLさんとかが夜寝る前に1話ずつ読んだらより充実した生活が送れるんじゃないかな、と思ふ。

37の話のうち、小生若干26歳の心に留まったのは「:恋よりも:」「二人の男」「クリスマス」

「恋よりも」は、高校の時から卓也という男に常に片思いされている女の話で、30代になっても会うたびに告白されていて、フッているという。しかし卓也には常に彼女がいる、という状況。

恋愛経験が非常に未熟な私には、は?何で彼女がいんの?とか思ってしまうのだが。こういう男性って、私の周りにもいるのだが、付き合っている女性に対してほかにもっと好きな女性がいるということで自責の念にかられたりしないのか?そもそも何で彼女いるん?とか思ってしまうんだが。恋愛に今まで興味がなかったからわからないのかもしれない。what the fuck.





「二人の男」は二股かけている女の話。彼氏のことがそれなりに好きで、不満もなさそうなのに、カキタレがいるというOL。そのカキタレと恋人になりたいという気持ちもうかがえない。彼氏に飲み会の予定が急に入ったのでデートをドタキャンされて、カキタレに連絡をするという。what the fuck.何でそんなことするん?でも実際こういう人いそう。彼氏すきやったらそれでええやんけ!家でおとなしくしとけよ、と思う。あからさまなビッチより怖いよー。彼女が本当はこんなんだったら精神的にかなり辛いよ。
付き合っているステディが内緒で違う男と浮気(sex)したことを人づてに聞いてしまった知人がいるんだが、彼はそれを知って以降は無類の風俗狂になってしまった。その彼女は私も知っており、真面目そうで、清楚で、おとなしくて、とてもそんなことするような人には見えないので、彼が風俗で愚息も昇天しまくるのもわかる。なんで好きな人と付き合っているのに浮気するん?謎すぎる。。。恋愛に今まで興味がなかったからわからないのかもしれない。what the fuck.


この間の朝井リョウ、加藤千恵のオールナイトニッポン0のクリスマスの放送の回で、明石家サンタみたいに不幸エピソードをリスナーから募る企画があったのだが、リスナーから

片思いの人のセフレになって4年、ついに三十路になってしまいました


というお便りがあった。これに対し、カトチエはこれってそんに不幸かなぁ?不思議がっていたんだが、不幸やろ、どう考えても!いやでもセックスできるだけ不幸中の幸いなのか?いや、セックスできるなんて幸福なことなんか?とか一瞬思ったが、やっぱ不幸だ。カトチエは「セックスだけじゃなく、普通にデートとかするわけだから、恋人とそんなに大差ない」って勘違いしてみたいだが、「デートはしない。セフレはセックスだけする」と、朝井に教えられていた。そんなこともわからないのに、カトチエはこんな話書けたのか。

そして関係ないけど、キンコメ高橋の事件についてラジオ内での言及はあるのだろうか。




「クリスマス」は恋人と一緒に過ごすクリスマスを大事にする彼女と、クリスマスに仕事を優先し、恋人たちのクリスマスなんてないがしろしている彼氏の話。この話がこの本の中で一番私の知っている、典型的な恋人たちのよく聞く話で、実際こういうのが理想だし、普通なんだと思う。

クリスマス、結局どっか予約させられるそうになりそうだな。死にそうになりながら仕事を片付けている自分の姿が想像できて、ちょっと笑いそうになった。

このラストの文、なんかいいよね。この話がシンプルで一番好きだった。

恋愛に今まで興味がなかったけどわかった。I got it.yah.

かくストーリーの最後の短歌も味わい深いものも多くて楽しめた。最近少し恋愛に興味ができてきたので楽しめた1冊だった。次はどんな恋愛小説を読もうかな。所謂恋愛小説って今まで何がおもろいのかさっぱりわからなかったけど読んでみよかな。









『葉桜の季節に君を思うということ』 歌野晶午 

今日家族で父が録画していたドラマ「生まれる。」を見ていて、以前読んだ歌野晶午の「葉桜の季節に君を思うということ」を思いだした。

ちなみに、このドラマを父がなぜ録画しているかというと、恐らく父が堀北真希のファンだからである。また、彼は田中美佐子のファンでもあるはずだ。堀北真季は私も好きだ。かわいい。しかしあのドラマ、アンジャッシュの小嶋が医者役で出演しているのだが、どうも笑ってしまう。いや、彼はいたって真面目に演技をしていて、しかも全くおちゃらけたキャラではなく、むしろかなりシリアスな場面でのシーンでの出演が大半である。同じ医者でも大杉蓮が演じている方がコミカルである。そして医者に扮する小嶋が、I Padを手に患者に説明するのを見て、世の中は凄く便利になったものだなぁ、と感心してしまった。あのドラマ、登場人物に適度に笑いや、ハートフルなやりとりがなかったら見るのやめるよ。あんな重すぎるテーマ、見てて耐えられません(今日初めて見たんだけどね☆)。

いや、そんなことはどうでもよいのだ。「生まれる。」を見て思いだしたのは、たいち?だったかが、ヤクザに脅されて、高齢者にただの水道水を高額で売り付けなければ、家族皆殺しでうんこまみれになってしまう、というこれはもうやるしかないぜ!って感じのスィーン(そんなシーンではなかったような気がするが)。それを見たら、私なんかは、歌野晶午の小説『葉桜の季節に君を思うということ』の悪徳商法団体「蓬莱倶楽部」を思いださざるを得ませんでした。はい。



                               


ということで最近読んだこの小説についての思ったことを書く。

※以下ネタばれ余裕で含みまする。



この小説のレビューで感動したという意見はネット上であまり見受けられなかったが、私はちょっとは感動してしまった。私は「人生なんて死ぬまでの暇つぶし」、なんて考えていたのだが、「葉桜~」を読んだ今少しだけ、ほんの少しだけ考えをあらためようと思った。そう、これがゆとりクオリティなのだ。


若い時分は、社会も自分の貧しく、一日一日を生き延びていくことに手いっぱいで、趣味にのめり込むどころではなかったんだよ。時間と金に余裕が生まれたいま、あの時にやり残してきたものを補完するように、興味のあることには遠慮なく首を突っ込んでいる。今度はシンクロやりたいなんて言い出した、シンクロナイズドスイミング。なんでも横浜には七十歳のチアリーダーがいるらしく、それに対抗意識を燃やしているんだ。調子に乗りすぎ。だが俺は、バレエもやってみろとあおっている。



死ぬまではあと50年以上ある。いや人生はもっと長いかもしれない。先は長い。辛いことも多いだろうが、老後も長い。やりたいことは沢山経験できるだろうと。



つまり何が言いたいのかというと、気持ちひとつなんだよ。やる気があれば年齢なんて関係ない。君はもともとバイタリティのある人間なわけだし、その気持ちを失わなければ、この先どういう境遇に置かれようと、悲観することはないんじゃないか。だいたい君は、歳だ歳だと嘆いているが、君は自分がいくつなのかわかっているのか?六十九だろう



六十九wwwwwwwwwwwwばあさんやんwwでも医療の技術も発達して、金もたんまり持ってるから、最近のご老人の方々はほんとアクティブに活動なさっているよね。微笑ましいよ。いろんな場所に旅行に行ったり、ジム行ったり、株やったりね。団塊の世代が後期高齢者になるのはいつごろだろう。あと10年もないよね。年金制度自体がねずみ講って言う人もいるし(民主党政権はある意味蓬莱倶楽部より酷いな)、年金払う意味あるのかな。




何を好きこのんで、ねじり鉢巻きで微分積分をやらなきゃならないのよ。バカだねぇ。だが俺はキヨシを応援してやりたい。非生産的な挑戦ってカッコいいよ。それが本当の文化だよ



実際、キヨシのように70歳で大学に行っている人はいる。私の大学にいる見た目70くらいのおじさん(おじいさんと言ってもいいくらい)は一生懸命授業を聞いて、授業後も熱心に教授に質問している。大学受験の模試監督をやったときも、50代くらいのおじさんが他のどの受験生よりも集中して問題を解いていたように見えた。そんな年になってから大学へ行くなんて馬鹿だ、という人は確かにいるだろうし、その意見を否定する気にはならない。
だけど、私は70代の大学生、50代の受験生の諦めず、頑張る姿勢を見て、感銘を受けた。否、あの人たちは諦めずに頑張るというよりは好きなこと、それまではできなかったやり残したことを楽しもうとしているだけなのかもしれない。何はともあれ、生きている限り、やりたいことをやろうというその姿勢には十分応援したくなるだけの感動があった。



僕も早く母と父が安心できるぐらいの職を見つけて老後にはやりたいことをいっぱいやってほしいと思う。まぁ最近しょっちゅう京都とか東京とかに小旅行に行ってるみたいだが(笑)

この小説で感動したって感想をあまり見ないのはおそらくこの作品がミステリー作品として扱われているからであろうね。でも俺は感動したんだよ!確かこの小説は2004年のこのミス1位に輝いており、ミステリ色が濃いからそちら側の角度から読む人が多かったのだろうな。そんな私も叙述トリックにまんまハマった口である。
小説のテーマは、「悪徳商法」とか「詐欺」だと思っていたんだが、真のテーマは実は「探偵」でもなく、「ヤクザ」でもなく、「高齢者」だったとは・・・

様々なトリックが仕掛けられてて、読み応えもあるし、うーん点をつけるとしたら7/10点!叙述トリックだけじゃなくて、世羅が殺害される事件では、一応本格ミステリで重んじられる「謎とそれに対する論理的解明」が提示されている。ただ色んな要素が詰め込まれすぎててすぐにはどんでん返しに反応できなかった感は否めない。


この本を読んで思い浮かんだのはこの一曲 坂本冬実 「また君に恋してる」




歌野晶午氏の作品では、『女王様と私』が秀逸作品であると一般的に「オタク」と呼ばれうるであろう拙者は思ふ。一応推理小説なのか?探偵推理小説のように話が展開されるが、物語自体が「何でもあり」なことを途中で自認してるからね。つまりは真藤数馬なる「オタク」の妄想がひたすら繰り広げられる作品なのだが、悲しいかな、私の内なる気持ち悪さが真藤数馬と共鳴してしまう。そのキモオタヒキコモリロリコンニートに共感してしまう自分の残念さに心底悲しくなったものだ。だが、かずまんと違い、私はロリコンではないし、あそこまで危険な思想はもっていないのは言うまでもなく、家族関係も非常に良好である。

『女王様と私』はバッドエンドだが、歌野晶午氏のバッドエンド作品集といえば、やはり『ハッピーエンドにさよならを』だろう。この短編集、軽い気持ちで読み始めてはいけない。ホラー要素も含んでおり、とにかく読者を暗く陰鬱な気持ちにさせる話のオンパレードである。






最近時間がない、やるべきこと多すぎ!と思いつつ時間を無駄にしてはいけない!とか思ってたけど、葉桜読んでから時間は有限じゃなくて考え方次第では限りなく無限に近くなるんじゃね?とか思いだして毎日やってた簿記の勉強とか、卒論とか、あまりやらなくなった自分を呪いたい。

椎名林檎女史の月に負け犬でも聞いてリフレッシュするか!

明日くたばるかもしれない。だから今すぐ振り絞る!



















絶望ノート

新品価格
¥1,680から
(2011/8/25 05:29時点)





テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

流離いのぺてん師

Author:流離いのぺてん師
コメント、TB、相互リンク大歓迎!!!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター フォローミープリーズ
リンク
ブロとも一覧

東雲研究所

いおりんご☆ioringoStarr

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
好きなポッドキャスト
by PODCAST-BP
フリーエリア
おすすめ
ガールフレンド (P‐Vine BOOKs)
探偵小説は「セカイ」と遭遇した
ユリイカ2004年9月臨時増刊号 総特集=西尾維新
トラウマ映画館
林檎コンプレックス―椎名林檎的解体新書
TAMAFLE BOOK 『ザ・シネマハスラー』
【予約特典付き限定商品】 AKB48 秋元才加・宮澤佐江のうっかりチャンネル バレンタイン創刊号 モバコン(ワンセグ携帯端末対応コンテンツ入りmicroSDカード) CTVR-308075
ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]
クイック・ジャパン (Vol.42)
RINGO FILE 1998‐2008
ユリイカ2011年11月号 特集=やくしまるえつこ
SR サイタマノラッパー [DVD]
文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)
癒しのチャペル (ちくま文庫)
東京ポッド許可局 ~文系芸人が行間を、裏を、未来を読む~
辛酸なめ子の現代社会学
hon-nin列伝 セキララなオンナたち (本人本)
ぼっちーズ
ミステリーの書き方
ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008
リスアニ!Vol.08 (SONY MAGAZINES ANNEX 第 544号)
SWITCH Vol.30 No.2(2012年2月号) 特集:ソーシャルカルチャー ネ申コラボ1oo
指原莉乃 AKB48 2012TOKYOデートカレンダー 指原莉乃 AKB-003 (お買上げの方にもれなく定価1575円の2011年大島優子の卓上カレンダーをプレゼント!)
AKB48 5400sec.microSD VOL.15:指原莉乃
まちがう
検索フォーム
適当に穏やかな歌を選んでみました。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。